住友林業に一目惚れしました

注文住宅

無計画に住宅展示場に行き後悔しましたので、今度は事前に住宅展示場のホームぺージを見て、回るメーカーの目星を付けてから行くことにしました。

20社近くある中で、住友林業の外観がどストライクでした。これはもう行くしかない、早く行きたいと焦る気持ちをぐっとこらえて、今度は一応事前に住友林業についてある程度調べてから展示場に行ってきました。

外観、無垢の床材を中心とした内装に一目惚れ

住友林業のモデルハウスに到着し、30代色黒営業マンにモデルハウスの説明をしてもらいました。営業マンが言う住友林業の特徴はこんな感じでした。

・木には絶対の自信を持っている。

・ビックフレーム構法を採用し、木造では難しい大空間と大開口が取れる。

・デザインが豊富で、施主の希望に合う外観を提供できる。

・初期保証30年、30年目以降は有料メンテナンスを行うことで最大60年間保証

・大工育成の専門学校を持っており、施工能力が高い。

木には絶対の自信があると言うとおり至るところに木を使っていて、外観から内装の雰囲気まで好みにドンピシャでした。特にウォルナットの無垢材がめちゃくちゃ好きです。もう住友林業の家に住む妄想までしちゃいましたね。あの高級感、重厚感には圧倒されてしまいました。とにかく、かっこよかったです。

住友林業って高気密高断熱?

住友林業に完全に心を奪われてしまいましたが、いったん冷静になり実際に生活することを考え、

月々の電気代を安くするために重要な気密性と断熱性について聞いてみました。

アルミ樹脂複合サッシ、Low-Eペアガラス・アルゴンガス入り(6地域)。

※オプションで樹脂サッシにすることは可能

窓については、断熱に力を入れているメーカーは樹脂サッシが標準なので、高断熱を求めるなら樹脂サッシに変更する必要がありますね。

断熱材
  • 外壁:高性能グラスウール16K(100mm厚)
  • 天井:高性能グラスウール16K(110mm厚×2)
  • 床下:押出法ポリスチレンフォーム(100mm厚)

営業マン曰く、グラスウールがさらに高性能のものに変わるとのことでした。変更前でも十分な断熱材の量に思います。

C値、Ua値

C値:1.0前後 ※営業マン情報

Ua値:0.5前後

C値が1前後というのは意外でした。営業マンははっきりと一条工務店には敵いませんが大手ハウスメーカーの中では一番気密性が高いですと言っていました。鉄骨よりも木造のほうが気密性は高くなりやすいですが、思っていたよりC値が低かったです。

換気システム

第三種換気システム(自然給気、強制排気)

200万円程度で第一種換気システム(強制給気、強制排気、熱交換型)を入れられる。

第三種換気システムが正常に働くのがC値1以下らしいので、第三種換気システムでも十分かもしれませんね。

住友林業には高気密高断熱をあまり期待していなかったので、思っていたより気密性が高く、断熱にも力を入れているのは嬉しい情報でした。ただ、大開口の窓を入れたらUa値は上がるでしょうし、外観や雰囲気で気になったメーカーなのであまり高気密高断熱には期待しすぎないようにします(笑)

営業マンから無料の設計相談会があることを教えてもらいましたので、どんな家が建つかざっくりと示してもらいに行ってこようかと思います。

それでは今回はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました