【初心者向け】コインチェックからバイナンス(BINANCE)へ送金する方法を徹底解説

今回はコインチェック⇒他の取引所へ仮想通貨を送金する方法を具体的な例とともに解説します。

送金の全体的な流れと注意点

どんな取引所へ送金する場合でも、仮想通貨を送金するには、「宛先(アドレス)」が必ず必要です。

銀行では銀行名や支店、口座番号を知らないと送金できないですよね?それと同じようなものと思っていただければ大丈夫です。

注意点として、仮想通貨ごとのアドレスがあるので、必ず送金する仮想通貨用のアドレスを設定しましょう。

① 送金元の取引所へログイン
② 送金予定の仮想通貨の宛先をコピー
③ コインチェックの送金画面で宛先をペースト
④ 送金

コインチェックから送金する方法(例:バイナンスへ送金)

大まかな手順は上記に記載した通りですが、実際に送金する手順を画像とともに解説していきます。

今回は、例として「バイナンス(BINANCE)」へ「ETH(イーサリアム)」を送金する方法取り上げますが、どんな仮想通貨の送金でも、だいたいの流れは同じになります。

① BINANCEへログイン

まずはBINANCEへログインします。

BINANCEは海外取引所の中でも有名な取引所です。今後、ブロックチェーンゲームをやっていくならBINANCEの口座は必ず開設しておきましょう。口座開設自体は非常に簡単です。

バイナンスはこちら

② 送金する仮想通貨の宛先をコピー

バイナンスのトップ画面上部にある「ウォレット」をクリックすると以下のような画面が出来ます。

そして、右「フィアットと現物」をクリックします。

次に虫眼鏡マークのところでコイン検索を行います。送金したい通貨を入力してください。(今回の例:ETH)

すると、ETHが上部に表示されるので、右側にある「入金」をクリックします。

続いて、以下のような画面が出てくるので、入金先のネットワーク(ETHの場合はERC20)を選択します。

通貨のところは、すでに選択されているので、特に触る必要はないです。

ネットワークを選択した後、入金先のアドレスが表示されるので、それをコピーしましょう。(上の画像の黒く塗りつぶしてあるところにアドレスがあります。)

※宛先を間違えてしまうと正しく送金できないので、コピーする際は、以下のように「クリックしてコピー」を使うことを強くオススメします。

これでバイナンスへ送金するためのETHのアドレスは取得できました。

※XRP(リップル)を送金する際は「宛先タグ」も忘れずにコピーしましょう。

③ コインチェックの送金画面で宛先をペースト

続いて、コインチェックへログインして、送金画面へと移ります。

そして「宛先を追加/編集」をクリックします。(下の画像の赤枠箇所)

新規追加をクリックして、「ラベル」にはどこに送るかがわかりやすいように例えば「binance」などと入れてください。

「宛先」は②でコピーしたアドレスを入れてください。

アドレスが1文字でも違ったら誤ったところに送金されてしまい二度と取り戻せません。気をつけてください。

④ 送金

追加した後は、宛先一覧から先ほど追加したアドレスを選択して、送金するETHの数量を入力します。

あとは「送金する」をクリックして送金完了です。

数分すると、ETHの送金が完了します。

バイナンスの「フィアットと現物」にETHが入金されていることを確認しましょう。

最後に

今回はコインチェックからバイナンスへの送金の仕方を解説しました。

初めてのことでできるかどうか不安に思った方もいるかもしれませんが、この記事を参考にすれば送金できたと思います。海外の取引所に送金ができれば仮想通貨で稼げる方法が格段に増えます。これから一緒に稼いでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました